印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

ニュースリリース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

◆富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ Hohner社製 後加工機の国内独占販売を開始 受注からポストプレスまでのトータルソリューションを拡大

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社(代表取締役社長: 重紀)は、このほど、Hohner Maschinenbau GmbH (本社:ドイツ、CEOPeter Schöllhorn)と、日本国内におけるHohner社製後加工機の独占販売に関して合意した。今後、同社は日本においてHohner社製後加工機の導入を促ていくことになった。

Hohner社は、ワイヤーステッチなどの機械開発での技術力が高く評価され、欧米を中心に展開している後加工機メーカー。特に中綴じ製本機は、2008年以降、主力製品として展開され急速に導入台数を増おり、グアタッメンスとイライ続が能な全自プなど、ユーザーの戦略に合わせ幅広いラインアップを揃えている。

近年、小ロット・短納期化に対応するためデジタルプレスの導入が急速に進む一方で、大量部数の仕事では、依然として従来のオフセット印刷が主流である。デジタルラインとオフセットラインが混在した製造現場では、いかに生産工程全体で効率化・省人化を実現するかが課題となっている。Hohner社の中綴じ製本機は、デジタルやオフセット、ロットの大小といった幅広い用途に柔軟に対応するラインナップで、ユーザーの課題解決に貢献していく。

同社はこれまでも、ユーザーの課題や戦略に合わせ、専門のスタッフがさまざまなメーカーの後加工機から最適な機種を提案し、導入や運用の支援を行うポストプレスソリューションを提供してきた。今回、Hohner社の後加工機をトータルソリューションに加えることで、特に要望の多い中綴じ製本の分野において、これまで以上にユーザーの課題に合わせたソリューションの提案が可能になった。

当社は今後も、ユーザー一社ごとの課題に向き合いながら、受注・制作からプレス、後加工までの生産工程般において、オフセット・デジルを問わからアフターフォローまのトータルなソリューションていくとしている

 

 

HSB 13.000シリーズ最大13,000rphの生産性ートセグタ

 

 

HSB 9.000シリーズ

最大9,000rphの生産性

ートセグタ

 

 

HSB DIGI-FS8

輪転デジルプレスとのインライン続が可能ル紙、シート紙兼用のハイブリッドタイプ

 

同件に関する問い合わせは、下記まで。

富士フイルムグローバルグラフィックシステムズ株式会社 広報宣伝部

所在地 106-0031 東京都港区西麻布2-26-30 富士フイルム西麻布ビル

TEL  03-6419-0380

FAX  03-6419-9896

インターネットホームページアドレス:http://ffgs.fujifilm.co.jp/

 

 

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View