印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

ニュースリリース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

◆「大喜利印刷」第2期プロジェクトがスタート  12チームが参加し来年2月以降にプロダクトを一般公開

全日本印刷工業組合連合会が組織した実験的クリエイティブユニット「CMYK」によって自由な発想でプロダクトをつくり、世の中の欲しいに応えていく「大喜利印刷」の第2期プロジェクトが、719日、スタートした。

 同プロジェントは、古紙の印刷廃材を再利用して独自の視点で製品化するもので、ツイッター上でつぶやいた“こんなものが欲しい”の声をお題にして、それを参加した印刷会社が勝手にプロダクトし実現するというものである。昨年の第1期では、4社がそれぞれ企画立案し9つのプロダクトを発表し話題を集めた。

 第2期では、12チームが手を上げスタートしたが、そもそも同プロジェクトのコンセプトは製品を量産化するのではなく、つぶやいたたった1人のニーズに応えることで、印刷会社の可能性、創造性を追求していくのが狙い。今後の予定は個別のオンラインミーティングを開き、アイデアを絞り込んでいく作業が9月までに行われる。その後、制作期間に入り20201月に、合同プロジェクト報告会を開催。製作されたプロダクトの一般公開は、2月以降になる見通しである。

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View