印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

ニュースリリース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

◆新年のごあいさつ 富士フイルムホールディングス株式会社 代表取締役会長・CEO 古森 重隆

新年のごあいさつ

 

富士フイルムホールディングス株式会社

代表取締役会長・CEO 古森 重隆

 


2021
年の新春を迎え、謹んで印刷業界の皆さまにご祝詞を申し上げますとともに、旧年中の多大なるご愛顧・ご支援に対し、心より御礼を申し上げます。

 

昨年は、新型コロナウイルス感染症の蔓延によって人々の暮らしは激変し、経済も連鎖的な打撃を受けました。国や地域ごとに状況は異なれども、世界規模で見れば新型コロナウイルスは未だに猛威を振るい続けており、今後も予断を許しません。そのような状況のなか、私たち富士フイルムグループも、新型コロナウイルス感染症流行の抑止や終息につながる製品・サービスを提供することにより、国際社会に貢献しています。その一つが、富士フイルム富山化学が開発し、新型コロナウイルス感染症の治療薬として効果が期待される抗ウイルス薬『アビガン錠』です。我々は日本政府からの備蓄要請や海外からの提供要請に応えるべくスピーディーに『アビガン錠』の増産体制を整え、さらに、海外の大手製薬会社および医療物資・医薬品提供会社らと提携して「グローバルでの迅速な開発・供給体制」を構築しています。また、バイオCDMO 事業では、米国や英国政府が調達する新型コロナウイルス感染症ワクチン候補の原薬製造を受託するなど、われわれにしかできない強みをいかしてパンデミック終息に貢献すべく取り組んでいます。

 

印刷業界の皆さまもコロナ禍により、大きな影響をお受けでしょう。今後、防疫対策の強化やデジタルトランスフォーメーションの加速などによって、人々の生活様式や社会システムなども大きく変化することでしょう。こうした社会の変化に柔軟に応えていかなければならない印刷業界の皆さまに対して富士フイルムグループでは、主として「働き方改革」「環境対応」といった「社会的な課題」を解決に導くべく、印刷メディアに新たな価値を創出するための事業活動に全力を挙げて取り組んでいきます。 20214月、富士ゼロックスが『 富士フイルム ビジネスイノベーション』と社名を変更し、FUJIFILMブランドでビジネスを展開していきます。富士フイルムグループは、社会がし続けてまいります。過去に何度も大きな危機を経験した我々には、この難に立ち向かいドラスティックに変化していく中で自らが果たすべき役割を見極め、成すべきことを成し遂げ、これからも次々と変化を生み出ち向かい、乗り越え、社会全体にも印刷業界にも新たな発展をもたらせる強さがあると確信しています。富士フイルムグループは、しなやかな強さで皆さまに新たな価値を提供してまいりますので、どうぞご期待ください。

 

最後になりましたが、皆さまの本年の益々のご多幸とさらなるご繁栄を祈念いたしまして、新年のごあいさつとさせていただきます。

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View