印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

ニュースリリース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

◆モリサワ  UD新ゴシリーズが富士フイルムビジネスイノベーションのコーポレートフォントに採用

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25Tel:06-6649-2151 代表、以下モリサワ)のUD新ゴシリーズが、富士フイルムビジネスイノベーション株式会社(代表取締役社長・CEO:真茅久則 本社:東京都港区、以下富士フイルムビジネスイノベーション)のコーポレートフォントと

して採用された。

202141日に社名変更を行った富士フイルムビジネスイノベーション(旧社名:富士ゼロックス株式会社)は、同時にブランドを一新。その一環としてUD新ゴシリーズが採用された。UD新ゴシリーズは、幅広い言語で統一感のあるイメージ展開が可能である。この書体は富士フイルム株式会社のWebサイトですでに使用されており、富士フイルムビジネスイノベーションは同社の商品・サービスを富士フイルムブランドとして訴求していくため採用された。

今後、UD新ゴシリーズは、富士フイルムビジネスイノベーションのWebサイトや会社案内、カタログや操作説明ラベル、マニュアルなどのほか、海外でも広く使われる予定である。なお、WebサイトについてはWebフォントサービス「TypeSquare」を活用しているため、サイト閲覧者の環境に関わらず、UD新ゴシリーズを美しく表示することが可能である。

モリサワは、1500書体以上が使い放題となるサブスクリプション型フォント製品「MORISAWA PASSPORT」やWebフォントサービス「TypeSquare」などの書体プラットフォームを組み合わせることで、企業のブランディング強化についての提案も行っていくとのことだ。

 

UD新ゴシリーズについて

UD新ゴシリーズ」は、文字の大きさを問わず視認性が高く、読み間違えにくいデザインを採用したUD(ユニバーサルデザイン)書体。UD新ゴシリーズとの併記を目的として開発された「Clarimo UDシリーズ」と合わせることで、異なる言語でも統一感のある表現を可能にしている。和文や欧文、簡体字、繁体字、ハングル、タイ、インドなど、世界の幅広い地域の文字をカバーしている。

 

UD新ゴ(AP版) https://www.morisawa.co.jp/fonts/specimen/4693

Clarimo UD PE https://www.morisawa.co.jp/fonts/specimen/4161

UDフォント https://www.morisawa.co.jp/fonts/udfont/

 

富士フイルムビジネスイノベーション株式会社

https://www.fujifilm.com/fb/

 

●同件に関する問合せ先

 株式会社モリサワ 東京本社

 グローバル統括部 フォントソリューション課

 Tel:03-3267-1305 Fax:03-3267-1367

 

SNSでも最新情報を公開している。

Twitter@Morisawa_JP

Facebook@MorisawaJapan

※記載されている内容は、予告なく変更する場合がある。

※記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標である。

¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View