印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

新製品ニュース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2018年4月11日
◆モリサワ 「MORISAWA TYPE PRODUCT」のオリジナルグッズを販売開始

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel:06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、2018410日(火)より、モリサワストアにて「MORISAWA TYPE PRODUCT」のオリジナルグッズの販売を開始する。

MORISAWA TYPE PRODUCT」は、モリサワの書体と日本のものづくりへのこだわりを融合させたオリジナルグッズを制作するプロジェクトであり、デザインや品質、機能性に優れた日本文化の素晴らしさを世界に発信していく。同プロジェクトは、グッズの個性に応じて「MORISAWA TYPE PRODUCT KURO」と「MORISAWA TYPE PRODUCT SHIRO」の2つのラインナップとして企画し、商品化を進めていく。

その第1弾として、「MORISAWA TYPE PRODUCT KURO」よりアロマスティック「hibi×モリサワ 書体で感じる日々の香り。」、「MORISAWA TYPE PRODUCT SHIRO」よりブックマーカー「活字ブックマーカー×モリサワ」を発売する。

 

MORISAWA TYPE PRODUCT KURO

MORISAWA TYPE PRODUCT KURO」は、高い技術力を持つ日本のものづくり企業とモリサワの書体がコラボレーションした商品ラインナップ。

1弾発売商品:

アロマスティック

hibi×モリサワ 書体で感じる日々の香り。」

http://store.morisawa.co.jp/goods/kuro/

hibi×モリサワ 書体で感じる日々の香り。」は、着火具がなくても手軽に使えるまったく新しいアロマスティック。兵庫県播磨地方を拠点に1929年に創業し、マッチ製造の長い歴史を持つ神戸マッチ株式会社と、1936年に淡路島で創業したお香製造会社、株式会社大発が共同開発したアロマスティック「hibi」とモリサワがコラボレーションし、書体の専門家が厳選した3つの書体(A1ゴシック、リュウミン、フォーク)の香りを届ける。使いやすいポケットサイズのアロマで、日々の生活に特別なひとときを演出している。

セット内容:お香スティック8本入り×3種、専用マット

香り:A1ゴシック/心地よく気分が整う、甘く温もりのある香り(ゼラニウム)

    リュウミン/伝統と静けさが生み出す、均整のとれた香り(檜)

   フォーク/爽やかに草原を吹き抜けていく端正な香り(レモングラス)

サイズ:商品パッケージ/115mm×115mm×10mm

材質:香料/天然ハーブ系オイル配合、専用マット/不燃性炭素マット

価格:3,240円(税込)

制作:神戸マッチ株式会社 http://hibi-jp.com

 

MORISAWA TYPE PRODUCT SHIRO

MORISAWA TYPE PRODUCT SHIRO」は、文字が持つ楽しさ・豊かさをモリサワの多彩な書体に遊び心をプラスした商品ラインナップ。

1弾発売商品:

ブックマーカー

「活字ブックマーカー×モリサワ」

http://store.morisawa.co.jp/goods/shiro/

 モリサワストアで好評を得ている「活字ブックマーカー」がリニューアル。本から文字が飛び出したかのような印象的な大きな活字部分には、しなやかなPP素材を使用し、機能性と耐久性を兼ね備えている。ひらがなの「あ」をあしらった全12種類のラインナップで、台紙はモリサワフォントの制作過程を解説した特別仕様となっている。

種類:全12種類

サイズ:外寸/約80mm×170mm、しおり部分/最大59mm

材質:PP素材(しおり)

価格:864円(税込)

制作:有限会社アーブル・デザイン事業部エーヨン

販売開始日:2018410日(火)

販売サイト:モリサワストア http://store.morisawa.co.jp/goods/

 

●同件に関する問合せは以下より

 株式会社モリサワ 東京本社広報宣伝部 広報宣伝課

 Tel:03-3267-1318 Fax:03-5931-2218  

162-0822 東京都新宿区下宮比町2-27  E-mail:pr@morisawa.co.jp

SNSでも最新情報を公開しております 

Twitter@Morisawa_JP

Facebook@MorisawaJapan

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View