印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

新製品ニュース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2019年8月27日
◆ビジュアル・プロセッシング・ジャパン InDesignファイルの印刷・書き出し・パッケージを自動化する 一括エクスポートソリューション「Made To Print」リリース

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長兼社長:三村博明)は、このほど、InDesignファイルのエクスポート処理を自動化するRPAソリューション「Made To Print」をリリースした。
 InDesignファイルの印刷や書き出し、パッケージなど様々なエクスポート処理をまとめて一括で実行できるため、
日常業務の中で発生する定型作業の手間・時間を大幅に削減できる。

<ソリューション概要>

Made To Print」はInDesignファイルのエクスポート処理を自動化するRPAソリューションです。ファイルの印刷やPDF書出し、パッケージなど様々なエクスポート処理を一つの自動ジョブセットにまとめて一括で実行することが可能。RPAにより日々業務の中で発生しているエクスポート処理を自動化することでデザイナーや制作担当の作業工数・時間を大幅に削減でき、本来の業務に集中できる環境づくりをサポートする。


Made To Print 特徴>

■印刷/書き出し/パッケージなど複数処理を一括で実行
PDF
書き出しや印刷、パッケージ出力など、ファイルに対する様々なエクスポート処理を一括で実行することが可能。通常は手動で行う必要がある複数のエクスポート処理を1つの自動ジョブセットにまとめて一括で実行できるため、生産性向上をサポートする。 
■ホットフォルダ運用で複数ファイルの処理を自動化
ホットフォルダに対して用途に応じたジョブ設定を行うことでエクスポート処理を全自動で行うことが可能。制作データをホットフォルダにアップするだけで複数ファイルに対する印刷や書き出しなどを自動実行できるため手間・時間を削減できる。
■処理前のプリフライトチェックでエラー減少/誤印刷コスト削減
処理前に自動でプリフライトチェックが行われ問題のないデータのみ処理が実行されるため、制作仕様やリンクなど細かく気にせずにデータをエクスポートできる。生成ファイルに対する信頼度向上や誤印刷による余剰コストの削減が実現する。
■ファイル名/出力先の自動指定でデータ管理の統制/効率化
生成するファイル名や出力先フォルダ階層の指定を自動化することが可能。書出しの度に手動で設定する必要がないため、余剰作業を削減できる。作成日時などの情報を命名規則に使用できるため、データ管理の統制を図ることが可能である。

◆問い合わせ先

株式会社ビジュアル・プロセッシング・ジャパン 営業本部 担当:金子
150-0002 東京都渋谷区渋谷1-2-5 MFPR渋谷ビル11
Tel: 03-6418-5111 Fax: 03-6418-5118
 Mail : info@vpj.co.jp


インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View