印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

新製品ニュース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2020年1月7日
◆桂川電機   昇華転写プリントの効率化を加速する「KIP EST480プリンター」を発売

桂川電機株式会社(本社:東京都大田区、代表取締役 渡邉正禮、以下KIP)と株式会社マークス(本社:熊本県熊本市北区、代表取締役 田中博 )は、デジタルテキスタイル印において昇華転写プリトの生産効率化を非常に大きく加速さるために提携を行い、新世代トナー方式高速デジタル昇華転写プリター、「KIP EST480プリンター2020 1 20 日よりマークスグルー株式会社サブリットを通て国内発売する
 今後は、双方の得意分野を十分に生かスポーア、ソフトサイネージ、室内装飾など昇華捺染におけるデジタルテキスタイ事業を推進するとのことだ。
 KIP EST480 は、Dye-Sublimation ドライトナーとLED 乾式静電方式で914mm 幅対応の高速デジタル昇華転写プリター。印刷後の乾燥時間を全く必要とせ、印刷直後に昇華プレスを行うことができ作業効率を高めることができる。最新の高速カラープリトエを採用た普通紙カラープンターのため特別な転写紙を必要とせず、安価な普通紙を使用でき、シャープで繊細な表現が可能になった。さらに環境への負荷も大幅に抑えることが可能である。
 
KIP EST480 は、268 /時の印刷速度をすべての印字品質モードで実現しており、印刷品質モードに依存するインジエットプリンターの印刷速度を大きく凌駕する。この印刷速度は印字内容、品質モに依らず全ての印刷において高速印刷を提供する
 KIP EST480 は、顧客ーズが多様化る中で、スポーツアレルにおいてもパーソナルユーズオンデマド生産(多品種・小ロット)などの需要が高まっている。KIP の普通紙プリト技術にDye-Sublimation ライトナーを組み合わせるこで、印刷後の乾燥時間が必要なく、プレ時のスモークスなど作業環境の改善と業務効率の向上を図り、さらに環境への負荷も大幅に抑えることが可能である。
 KIP EST480 は、ドライトナーを使用した普通紙プリターのため、常時通電てヘッドを維持る必要はなく、使用するときに電源投入してすぐに印刷できてレの心配がない必要な時、必要な量をスピーディーに生産することができ、維持管理も容易である。
 KIP EST480 は、914mm x 100m ール紙への連続印刷を約21 分で完了できるールto ールでの昇華や、リカットパーツを利用した連続昇華のために用紙カットせずに巻取ることも、大型平版レス機用にデータサイズ毎の自動カトも自在にコントロールすることがき、既存設備も有効に使用して生産効率を向上さることができる。
 KIP EST480 、繊維製品の国際的安全規格であるエコスポート認証を取得ている。シアにおいては耐光堅牢度4 の耐久性を持ち、安全性の高いトナーを使用ているため安心して使用することができる。

 
                「KIP EST480」
KIP EST480 ト情報 2020 年:
l 2020 5 20 日~23 日にイテックス大阪にて開催されるJIAM 2020 OSAKA「国際アレル機器
&繊維産業見本市」に出展予定。
株式会社マーク(本社:熊本県熊本市北区、代表取締役 田中博
各種ウア及び各種用品のマーキグ加工 デジタル昇華捺染システムを早期に導入ている。KIP EST480 昇華転写プリターを導入、各種ウア等の加工業務の実績がある。また、グループ会社の株式会社アトムシステムズにおいて加工業務管理、自動グレーディンソフトウア等の開発も行っている。
株式会社サブリットは株式会社マークスの100%出資のグループ会社で、KIP EST480 を主にデジタル昇華捺染にかかわる機材全般の販売を行っている。

 

問い合わ先:

株式会社サブリット(マークスグループ) info@sublitt.com

http://www.sublitt.com/

 

KIP 桂川電機株式会社

国内営業本部 03-3756-1100

http://www.kipjapan.com/


 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View