印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

新製品ニュース バックナンバー

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2020年9月7日
◆モリサワ  2020年秋よりMORISAWA PASSPORTに 「游明朝体」など字游工房の全46書体を追加

 株式会社モリサワ(森澤彰彦社長 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25Tel:06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、このほど、子会社である有限会社字游工房(代表取締役:石本馨 本社:東京都新宿区高田馬場4-16-9ケイワビル201 Tel: 03-5389-7756、以下字游工房)がライセンスを保有するフォント「游明朝体」など全46書体を2020年秋にMORISAWA PASSPORTにて提供することを発表した。

長文組版での可読性を追求したフラッグシップ書体「游明朝体」や「游ゴシック体」をはじめ、大正時代の金属活字の雰囲気を持つ「游築見出し明朝体」、太くうねりのある筆文字を読みやすくアレンジした「游勘亭流」、東京書籍株式会社と共同開発された教科書体「游教科書体 New」と小学英語用欧文書体「JKHandwriting」のほか、情緒豊かな「游明朝体五号かな」「游明朝体36ポかな」「游築初号かな」「游ゴシック体初号かな」のかな書体を提供する。

これらの書体は今秋以降、MORISAWA PASSPORTを通じて利用可能である。今後、各書体の詳細やリリース日は新書体特設ページで随時案内していく。

モリサワは、子会社の資産やアイデンティティを尊重しながら、グループのシナジー効果の発揮を目指している。今後も、グループ内の優れた書体を充分に活用し、より快適に多くのユーザーに利用できるよう努力している。

 

字游工房について

字游工房は書体の制作からロゴタイプの企画制作まで行っているフォントメーカ。1989年の設立以降、株式会社SCREENグラフィックソリューションズのヒラギノフォント、こぶりなゴシック、大日本印刷株式会社の秀英体ファミリーの一部書体、凸版印刷株式会社の凸版文久体ファミリーなどの制作に関わるほか、自社ブランド游書体ライブラリーから「游明朝体」や「游ゴシック体」といったベーシックな書体をはじめとした高品質な書体群をリリースしている。モリサワによる株式取得を経て201931日より、モリサワの子会社となっている。

 

游明朝体

ウエイト:L / R / M / D / B / E

文字セット:Adobe-Japan1-7 (Pr6N) / Adobe-Japan1-3 (StdN)

     ※ルビ用かなを追加収容

「時代小説が組めるような明朝体」をキーワードに開発された、落ち着きのある明朝体ファミリー。文字の空間が均一に見えるような設計、丸みのあるウロコや柔らかな曲線が、明るく品のある雰囲気を演出している。「游明朝体」は6つのウエイトで展開され、見出しに特化したBEは他のウエイトとは骨格が異なりふところが狭く、引き締まったデザインになっている。

 

游明朝体五号かな

ウエイト:L / R / M / D

文字セット:字游工房独自 ※かな+英数字+約物

明治時代に制作された五号(本文向けサイズ)の金属活字をベースにつくられたかな書体である。「游明朝体」の標準かなより字面が少し大きく、ゆったりとした柔和な線が特徴である。「游明朝体」の漢字と組み合わせて使うことで、見出しや雑誌の本文を古典的で穏やかな印象に仕上げている。

 

游明朝体36ポかな

ウエイト:L / R / M / D / B / E

文字セット:字游工房独自 ※かな+英数字+約物

大正時代に制作された36ポイント(見出し向けサイズ)の金属活字をベースにデザインしたクラシカルなかな書体。毛筆の表現力を活かした表情豊かな線と、独特のスタイルを持った字形が大きな特徴である。「游明朝体」の漢字と組み合わせて、タイトルや見出しなど大きなサイズで使うと、その個性がより一層引き立つ。

 

游築見出し明朝体

文字セット:字游工房独自

      ※JIS第一水準漢字+表外漢字+人名用漢字+漢字異体字+かな+約物、

       Altは游築見出し明朝体OTFの異体字セット

大正時代の金属活字をベースに制作された伝統的な見出し明朝体。当時の職人の手によって一文字一文字彫られた字形が尊重されており、大らかな印象を与える。装丁、エディトリアルデザインのタイトルなど見出しとして効果を上げる書体である。また、OpenTypeフォントの字形切替え機能が利用できない場合でも異体字が使えるように、異体字のみをマッピングしたフォント「游築見出し明朝体 Alt」も使える。

 

游築初号かな

文字セット:字游工房独自※かな+約物

明治・大正時代の金属活字をベースにデザインした、見出し用のかな書体。「游築見出し明朝体」のかなと比べて太く、どっしりとした重厚感のある表情を備えている。「游築見出し明朝体」の漢字と合わせて使えるように設計されていて、出版物や広告の見出しなどで人目を引く、力強くインパクトのある書体として効果を発揮する。

 

游ゴシック体

ウエイト:L / R / M / D / B / E / H

文字セット:Adobe-Japan1-7 (Pr6N) / Adobe-Japan1-3 (StdN)

     ※ルビ用かなを追加収容

「游ゴシック体」は、長文でも読みやすいスタンダードなゴシック体ファミリー。字面を小さめに設計し文字間にゆとりを持たせることで、小サイズで組んでも文字同士が干渉せず、一字一字の識別性に優れた、読みやすい組版を実現する。「游ゴシック体」は7つのウエイトで構成され、キャプション・本文から小見出し・大見出しまで幅広い用途に対応する。

 

游ゴシック体初号かな

ウエイト:L / R / M / D / B / E / H

文字セット:字游工房独自 ※かな+英数字+約物

金属活字時代を代表するクラシックなゴシック体をベースにデザインされたかな書体。力強さとユーモラスさを兼ね備えた独特なかなのスタイルと、明朝体風にアレンジされた句読点や記号類が、「游ゴシック体」のベーシックな印象の組版に新しい表情を生み出す。「游ゴシック体」全7ウエイトの漢字と組み合わせることで、本文から見出しまで用途に応じて使える。

 

游教科書体 New

スタイル:M / B / M横用 / B横用

文字セット:Adobe-Japan1-3 (StdN)※教科書でよく使われる字種を追加収容東京書籍株式会社と共同開発された、筆順や筆法など、教育現場で求められる条件を満たす教科書体である。硬筆の書風を反映した現代的な筆跡で、毛筆タイプの教科書体に比べて縦画と横画の太さの差が少なく、簡潔で穏やかな筆法を備えている。国語や書写に適した縦組用と、算数や理科に適した横組用の2種類のフォントを用途に合わせて使える。

 

JKHandwriting

スタイル:Light / Regular / Medium / Bold / Heavy / Medium Italic / RL Light /

      RL TW Light

文字セット:字游工房独自 ※小学校英語教科書に使用される英数字+約物甲南女子大学の准教授村上加代子氏のアドバイスを受け、東京書籍株式会社と共同開発した欧文書体である。英語初学者が学びやすい手書きの筆跡に合わせたデザインと、筆記用具にならった丸ゴシック系のエレメントを備えている。また、弱視の児童に配慮した字形を採用するなどの工夫も取り入れられている。5段階のウエイトに加え、イタリック体、4線付通常フォント・4線付なぞり書き用フォントの8種類を用途に応じて使える。

 

游勘亭流

文字セット:字游工房独自 ※JIS第一水準漢字+かな+英数字+約物

勘亭流は江戸時代につくられた歌舞伎の看板などに書かれる、伝統的な肉太の縁起文字。「游勘亭流」は、勘亭流の特徴である太くうねりのある運筆を継承しながら、読みやすさも意識してアレンジされている。

 
      

2020 年新書体特設ページはこちらから

https://www.morisawa.co.jp/topic/upg2020/

■対象製品

MORISAWA PASSPORT 製品

■提供時期

2020年 秋

●同件に関する問合せは

 株式会社モリサワ 東京本社 経営戦略部 広報宣伝課

 Tel:03-3267-1318 Fax:03-5931-2218

 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-27

 E-mail:pr@morisawa.co.jp

SNSでも最新情報を公開している

Twitter@Morisawa_JP

Facebook@MorisawaJapan

 

※「ヒラギノ」は、株式会社SCREENホールディングスの登録商標である。

※「こぶりな」は、凸版印刷株式会社の登録商標である。

※「秀英」および「秀英体」は、大日本印刷株式会社の登録商標である。

※「文久体」は、凸版印刷株式会社の登録商標である。

※その他記載されている会社名および商品名・ロゴは、各社の登録商標または商標である。

※記載されている内容は、予告なく変更する場合がある。

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View