印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

お知らせ履歴

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2017年12月19日
◆スターティア・ラボ  「印刷会社がデジタルで紙媒体の受注を増やす方法」でセミナーを開催  1月22日(月) 東京都新宿・本社セミナールームで 参加費無料

  スターティア・ラボ株式会社(東京都新宿区西新宿2-3-1 新宿モノリス19)は、2018122()14時から東京都新宿区の同社本社セミナールームで、「印刷会社がデジタルで紙媒体の受注を増やす方法」をテーマに、セミナーを開催する。定員は30名で参加費は無料。

 今やクライアント(広告主)は、Webをはじめとする「デジタル」と「紙媒体」の両軸でプロモーションを行う時代となり、そのため印刷会社には「印刷物」だけではなく、Webをはじめとする「デジタル」の提案も求められるようになった。
「なぜ印刷会社なのに『デジタル』の提案をしなければならないのだろう?」『印刷物』と『デジタル』って相反するものじゃないの?と、思っている印刷関係者もいるかもしれないが、「デジタル」の提案をすることで、最後には本業の印刷物の受注につながるケースがある。

昨今デジタルの中でも、AR(拡張現実)という技術をビジネスの場でどう活用するか、そんなテーマが注目を浴びている。ARは印刷物の相性がよく、チラシやポスターなどの印刷物を活用し、エンドユーザーへコンテンツ(情報)を提供できるため、クライアント企業は印刷物と一緒にARを活用するケースが増えてきた。
 同セミナーでは、「なぜデジタル施策が求められているのか?」という時代背景のおさらいから、実際のARをはじめとするデジタルツールの事例印刷会社がどのようにデジタルツールを活用・提案しているのかまで、<印刷会社がデジタルで紙媒体の受注を増やす方法>をテーマに伝えていく
【会場】東京都新宿区西新宿2-3-1 モノリス19階 スターティア セミナールーム

 

【開催概要】
【テーマ】<印刷会社がデジタルで紙媒体の受注を増やす方法>

【日時】2018122日(月) 14001610開催


◆申し込みは下記より。

https://www.startialab.co.jp/seminar20180122/form20180122.html

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View