印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

お知らせ履歴

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2018年7月3日
◆モリサワ  「タイプデザインコンペティション 2019」の開催を発表 

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25、以下モリサワ)は、世界中からオリジナルタイプフェイスを募集する「タイプデザインコンペティション 2019Morisawa Type Design Competition 2019)」を開催する。

タイプデザインコンペティションは、書体デザインのアワードである。前身となる「モリサワ賞国際タイプフェイスコンテスト」(1984年)以来、30年以上にわたって書体デザイナーの発掘とデザインを発信する機会の創造に取り組んでいる。前回(2016年)は過去最大となる49の国と地域から、和文・欧文部門あわせて700点を超える作品が寄せられた。

今回も新たな表現力とチャレンジ精神に溢れた作品を世界各国から募り、「モリサワ賞」は、独創性や審美性を追究した作品に贈られる。募集は和文部門と欧文部門にわかれており、今回顔ぶれを新たに各界で活躍するデザイナーや専門家が審査にあたる。ウェブサイトに作品を公開して実施する「ファン投票」では、一般人からの投票で入賞作品が決定される。

前回までは製品化する書体を募集していた「明石賞」は、新たに毎回異なるテーマに沿った書体を募集するカテゴリへと生まれ変わる。今回はOpenTypeの規格で示された「バリアブルフォント」をテーマに据え、その新規性と先進性を評価することになった。

タイプデザインコンペティション 2019の応募期間は2018111日から2019131日で、審査会を経た20197月に結果発表を予定している。

タイプデザインコンペティション 2019

(Morisawa Type Design Competition 2019)

【募集部門と賞について】

●モリサワ賞(和文部門・欧文部門)

入賞者には、表彰状とトロフィー、副賞として次のとおり賞金を授与する。

和文部門:

金賞 100万円(1点)/銀賞 50万円(1点)/銅賞 30万円(1点)/佳作 5万円(3点)

欧文部門:

金賞 100万円(1点)/銀賞 50万円(1点)/銅賞 30万円(1点)/佳作 5万円(3点)

●ファン投票

入賞者には、表彰状とトロフィー、記念品を授与する。

和文部門:得票1位/得票2位(各1点)

欧文部門:得票1位/得票2位(各1点)

●明石賞

今回の募集テーマは「バリアブルフォント」。詳細は応募規定を参照。明石賞の審査は株式会社モリサワが担当する。入賞者には、表彰状とトロフィー、副賞として次のとおり賞金を授与する。

入賞50万円(最大3点) 

◆モリサワ賞審査員

和文部門:北川一成/鳥海修/西塚涼子/葊村正彰

欧文部門:イリヤ・ルーデラマン/インドラ・クッファーシュミット/サイラス・ハイスミス/ラウラ・ミセゲル

特別審査員:マシュー・カーター

(五十音順)

◆作品受付

2018111日~2019131日(日本時間)

応募要項は公式サイトでダウンロードできる。

エントリーと作品ファイルの提出は公式サイトで受け付ける。出品料は無料。

◆結果発表

20197月(予定)

◆主催 株式会社モリサワ

◆協賛 モリサワ文研株式会社

◆協力 Arphic Technology co., LTD、北京漢儀科印信息技術有限公司、

Sandoll Communications Inc.Type Network, LLC.

「タイプデザインコンペティション 2019」 公式サイトは下記より

http://competition.morisawa.co.jp/

 

●タイプデザインコンペティションに関する問合せは下記より

 タイプデザインコンペティション 2019 事務局

 Tel:03-3267-1233

 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町227 株式会社モリサワ内

 受付時間:月曜日から金曜日の午前9:00-12:00と午後1:00-5:15(祝日・弊社規定休業日を除く)

●同件に関する問合せは

 株式会社モリサワ 東京本社広報宣伝部 広報宣伝課

 Tel:03-3267-1318 Fax:03-5931-2218

 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-27

 E-mail:pr@morisawa.co.jp

SNSでも最新情報を公開している 

Twitter@Morisawa_JP

Facebook@MorisawaJapan

※記載されている内容は、予告なく変更する場合がある。

※記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標である。

 

インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View