印刷・出版業界向けデジタル・コンテンツ・ビジネスに関する情報サイト

FUJIFILM 「守り」から「攻め」の環境対応へ。

お知らせ履歴

spacer

ニュースリリースの一覧へ戻る ▲

2019年1月15日
◆モリサワ  第25回モリサワ文字文化フォーラム 「国宝『源氏物語絵巻』の美」を開催 1月24日 大阪モリサワ本社ビルで

株式会社モリサワ(代表取締役社長:森澤彰彦 本社:大阪市浪速区敷津東2-6-25 Tel : 06-6649-2151 代表、以下モリサワ)は、第25回モリサワ文字文化フォーラム「国宝『源氏物語絵巻』の美」を2019124日(木)に、大阪の同社本社ビルで開催することを発表した。

同フォーラムでは、モリサワカレンダーの監修、解説にご尽力いただいた名児耶 明氏(五島美術館副館長)、四辻秀紀氏(徳川美術館学芸部長)を講師として招き、「国宝『源氏物語絵巻』の美」をテーマに開催する。2018年・2019年のモリサワカレンダーは、五島美術館(東京)・徳川美術館(名古屋)所蔵の国宝「源氏物語絵巻」の詞書および絵によって構成している。貴重な文化財である東西の国宝絵巻を企業カレンダーにおいて2年間にわたり特集してきたことは、大変にまれなことである。

そこで、このほどカレンダー発行を記念した集大成として、国宝「源氏物語絵巻」のすぐれた文化性を一層深く、広く紹介したく同フォーラム開催の運びとなった。また、両講師の執筆はもちろん源氏物語研究の権威、池田和臣氏(中央大学文学部教授)にも紙上参加として記念冊子に寄稿することになっている。この記念冊子は、同フォーラムの来場者に配布される。 

 

■講演者

名児耶 明氏(五島美術館副館長、「モリサワカレンダー二〇一八」監修・解説)

四辻 秀紀氏(徳川美術館学芸部長、「モリサワカレンダー二〇一九」監修・解説)

 

■開催概要

日 時: 2019124日(木)14時~17時(1330分開場)

場 所:株式会社モリサワ 本社4階大ホール

    大阪市浪速区敷津東2-6-25

定 員:150

参加費:無料

参加方法:同フォーラム専用サイトより申込みを。

     www.morisawa.co.jp/culture/forums/

主 催:株式会社モリサワ

後 援:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会

    特定非営利活動法人日本タイポグラフィ協会

■プロフィール

名児耶 明氏(五島美術館副館長)

書製作、書道史を学び、1972年、東京教育大学教育学部芸術学科書専攻卒業。同年、財団法人 大東急記念文庫に勤務。1974年、財団法人 五島美術館勤務となり、現在は公益財団法人 五島美術館副館長。主な出版物に『書に心よせる』、『書の見方日本の美と心を読む』などがある。

四辻 秀紀氏(徳川美術館学芸部長)

1983年より徳川美術館学芸員を務め、現在は公益財団法人 徳川黎明会 徳川美術館学芸部長。専門は、古代中世絵画史、かな古筆・料紙装飾史。特別展「国宝源氏物語絵巻」の企画を手がける。主な出版物に『新講 源氏物語を学ぶ人のために』、『徳川美術館蔵 古墨』(いずれも共著)などがある。

 

「モリサワ文字文化フォーラム」とは

「モリサワ文字文化フォーラム」は、あらゆるデザインに関わる方々を対象として、「文字とデザイン」から生まれる創造性や独創性、創作や表現活動をテーマに開催している。モリサワは同フォーラムを通じて、文字の持つ魅力や価値に焦点をあて、ジャンルにとらわれない新しいクリエイティブの探求と、文字文化の継承発展を目指し活動している。

 

過去に開催された「モリサワ文字文化フォーラム」は以下より

http://www.morisawa.co.jp/culture/forums/

 

●モリサワ文字文化フォーラムに関する問合せは

 株式会社モリサワ モリサワ文字文化フォーラム事務局

 Tel:06-6649-3311 Fax:06-6649-2157

 〒556-0012 大阪府大阪市浪速区敷津東2-6-25

 E-mail:bunkaforum@morisawa.co.jp

同件に関する問合せは

 株式会社モリサワ 東京本社 広報宣伝部 広報宣伝課

 Tel:03-3267-1318 Fax:03-5931-2218

 〒162-0822 東京都新宿区下宮比町2-27

 E-mail:pr@morisawa.co.jp

 

SNSでも最新情報を公開している

Twitter@Morisawa_JP

Facebook@MorisawaJapan

 

※記載されている内容は、予告なく変更する場合がある。

※記載されている会社名・商品名は、それぞれ各社の登録商標または商標である。


インタビュー&レポート 出版・印刷産業の最新動向を探る!

「デジタルブック」作成システム My PAGE View